MENU

青魚に多く含まれるDHAとEPAの物忘れ改善効果

DHA-EPA

近年、物忘れの予防・改善のために有効な成分として、青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が注目されています。このページでは、このDHAとEPAについて説明します。

DHAとEPAの物忘れ改善効果

DHAとEPAはサバやイワシ等、青魚の脂肪に豊富に含まれる栄養素。人間の体に必要不可欠な必須脂肪酸で、どちらも日本人に不足しがちな「n-3系脂肪酸(オメガ3)」として分類されています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは

DHAは、脳内へ有害なものを遮断するために存在する血液脳関門を通過することができる数少ない物質の1つ。特に海馬と呼ばれる記憶や学習を司る部分に多く存在していて、脳内の神経細胞(ニューロン)を活性化させることで、情報伝達をスムーズにする役目があります。

 

DHAが海馬に多く存在するほど、記憶力や判断力などの能力が高くなると言われており、DHAは脳の栄養素とも呼ばれています。

 

実際、認知症患者にDHAを継続して摂取させることで、計算力や判断力が高まることが確認されていたり、DHAが豊富に含まれる母乳で育てられた子供のほうが、DHAが含まれない粉ミルクで育てられた子供よりも、IQ(知能指数)が10程度高くなったというデータもあり、DHAが脳の働きに大きな影響を与えることは確かなようです。

 

DHAが足りなくなると、脳内の情報伝達に支障をきたし、物忘れの症状が出てきてしまいます。日頃から十分なDHAを摂取することを心がけたいものです。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

EPAは、血液や血管の健康に保つうえでひじょうに重要なものです。EPAを摂取することで、中性脂肪値を下げる、動脈硬化を防止、血液が固まりにくくなる等の効果や、心臓病の予防効果が確認できるデータも発表されています。

 

脳内にもひじょうに多くの血管がありますので、血液や血管の健康が損なわれることで脳のはたらきが鈍り、物忘れの症状が発生する可能性も出てきます。EPAをしっかり摂取し、血液をサラサラにすることは物忘れ改善・予防のためにも重要なことと言えるでしょう。

 

また、EPAの一部は体内でDHAに変換されますので、脳内で神経細胞の修復や活性化をする役目も担うことになります。

 

不足しがちなDHA・EPAはサプリメントで

きなり

DHAやEPAが多く含まれているものと言えば青魚ですが、物忘れがひどいので、毎日食べたいところだけど、なかなか難しいという人が多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめしたいのが「きなり」です。DHA・EPAを業界最高水準の500mgも配合しているのに加えて、物忘れ改善に効果的なアスタキサンチンが含まれるクリルオイルや、健康成分ナットウキナーゼも配合された高機能サプリメント。

 

⇒きなりの公式サイトはこちらから

 

なぜ、このサプリメントがおすすめなのかというと、当サイト管理人である私(40代 男)が飲んでいて、実際に物忘れの改善効果があったからです。

 

1年ほど前から、日に日に物忘れがひどくなっているのを感じていたんです。会社の同僚の名前は出てこないし、ついさっき話した内容が出てこなかったりもする。頭もモヤっと霧がかかってるような感じで、頭が以前のように働かない状態になってしまったんです。

 

でも、この「きなり」を飲んで約1ヶ月。。気がついたら同僚の名前も出てくるようになってるし、普通に物忘れに困ることなく仕事をしている自分に気づいたのです。たぶん、私は魚が嫌いなのでDHAがかなり不足していたんでしょう。最低でも3ヶ月続けて飲んでみようと思っていたのですが、こんなに早く効果を実感できるとは思いませんでした。

 

魚嫌いの人はもちろんのこと、最近あまり魚を食べてなくて、物忘れがひどいと悩んでいる方は、DHA・EPAの不足が原因の可能性が考えられますので、ぜひ、この「きなり」を試してみることをおすすめします。

 

⇒DHA・EPAサプリ「きなり」の詳細はこちらから

 

その他の物忘れ改善成分

アスタキサンチン
イチョウ葉エキス

 

物忘れがひどい人へおすすめのサプリメントランキング